(8/23)

ジャズクラクションライブ@丸の内 Cafe Salvador

ほんとに普通のカフェのため、機材もすべて持ち込み。南部さんのキーボードアンプもわたくしが運搬担当。
アンプをピックアップしに行く前に寄り道して遅めのランチ。


【330日目】8/23
高幡不動 インド食堂アンジュナ(インド料理)

さりげなくしっかりした内容

高幡不動という、なかなか訪れない場所にある人気店です。
ランチタイムギリギリに行って参りました。


カレー2種と、焼き物のセット。
サラダからして手抜かりなく美味しい。焼き物の焼き加減もいい感じです。

カレーは、マトンとバターチキンをいただきました。
アンジュナは、麹町のアジャンタという老舗インド料理店で修行をした方のお店だそうです。アジャンタ関係のお店は、実はたくさんあるらしく、何店か行きましたが、どこもバターチキンが美味しいということは共通しているものの、言われなければ気付かないくらい共通点が少ない気がしてます。各店それぞれ特色があるというか。
検見川のシタールもそうですが、
シタールは分かりやすく文句なく美味しい感じ。
アンジュナはさりげなくしっかり美味しいです。バターチキンは伝統の作り方を踏襲しつつ、トマト感とクリーム感のバランスが良い。マトンはクローブやシナモンが効いていて、少し苦味もある王道な感じ。
イエローライスはこれ単体でも美味しくてオススメです。


今回の丸の内ライブは、高井氏のバンドと対バン。なので、彼は吹きっぱなしの高井祭りです!


普通のカフェが突然ライブ会場になってしまうこの企画も、残り僅か。
できて10月まで。
9月もお待ちしております。



さて、ライブ前は満腹だったのに、終わるとお腹がすいてきました。遅くまでやってて近いカレー屋さん、あまり心当たりはありません。

実は、去年の9/28にカレーを喰らい続ける日々が始まり、9/27で365日目になります。去年の9/28が麹町のアジャンタだったこともあり、アンジュナにてアジャンタについて思いを馳せたこともあり、思い切ってアジャンタ再訪を決めました。
(アジャンタも遅くまで営業してます。)
昼にアジャンタ系、夜にアジャンタという挑戦的な取り組みです(笑)。


【330夜目】8/23
麹町 アジャンタ(インド料理)

老舗高級インド料理店のひとつ

実に11ヶ月ぶりの訪問。当時はほんとに何も分からず食べてました。
冒頭に高級インド料理店と書きましたのは、たかがカレー屋だと思って来るとちょっと引くかもしれないくらい値段が高いためです。
しかも、美味しいけど、めちゃくちゃ分かりやすい美味しさというわけではないので、値段に納得がいかん!という人も少なからずいるはず。

深夜だし控えめに。


バターチキン云々の話があったので、チキンマッカーニ。
それから夏季限定のビンディマサラ(オクラ)。こちらはSサイズもあったのでちょうど良い。
これにライスとプーリ(揚げパン)を注文して3,500円くらいだと思います(2人分・深夜モード)。うーん、高級。

チキンマッカーニ、いわゆるバターチキンのようなものです。クリーミー成分もかなり強力ですが、トマト分もしっかりあり、鶏肉も香ばしく焼かれたバーベキューチキン。濃い目の三者がすごく好バランスで成り立ってるように感じました。バランス感覚という観点で言ったら、すごく説得力のあるバランスです。鶏肉は素直に美味しい。

ビンディマサラ。日本でも馴染み深い切り方の、薄めの輪切りオクラ。
ドライタイプの料理ですが、ニンニクの香ばしさと、焦がした唐辛子の香ばしさが素敵でした。なかなかこんなに香ばしくならないと思います。

値段は高めですが細部までしっかりしている印象で、なんか説得力があります。去年は正直、値段の方が印象に残っていたものですが(笑)、少しだけ詳しくなった現在の方が楽しめました。