今や当たり前のように毎日カレーを食べていますが、元々はカレーが何日か偶然に続いてしまったことから始めたのでした。

その頃は、好きな食べ物は何かと訊かれたらカレーと答えるようにしていました。(それまでは、嫌いな食べ物はほぼ無いし、好きな物が多くて答えに困ることが多かった。)
仮に、カレーを作り過ぎたという状況が発生しても、自分ならば3日くらいは3食カレーでも全く問題ないであろう、という自負はありました。

もうひとつ、カレーを食べ続けてきた意図、みたいなものがありまして。
それは、音楽やってるという以外にも、何か揺るぎないものというか、軸というか、そういうものが欲しかったのではないか、と。当時を思い返せばそんな気がします。そんなに厳格なものでなくとも、高尚なものでなくとも、何でもよかったのです。
かなり、無趣味な部類の人間ですしね。

結果的に気持ちが楽になった部分もあります。
外食の際に、何を食べるか思案しなくてよいし(カレー屋さんは探す必要がありますが)、一緒にご飯食べる相手がいたとしても、「コイツと食事するとカレーを食べる羽目になる」と構えてもらえますし(笑)、自動的に日記みたいなものがつけられます。
人に会うとオススメカレー情報を教えてもらえたりして楽しいです。
あとは知らない人が面白がってブログ見てくれたりすると楽しいんだけどなぁ。

もうすぐ150日、ここまで大変だったなぁみたいな感慨は一切ありません(食費問題以外は)。
まだまだやります。